2005年11月03日

道しるべ


  人は何かを目指して歩く


  座り込んだら
  もう立てない

  最初から何処に行くかなんて分かってなかった
  でも何処かに行けると思っていた

  道があれば道を歩けばいいだろう
  何か目標があればそれを目指せばいいだろう
  周りの花を見ながらのんびり歩くのもいいだろう
  途中で寄り道して疲れを癒すのもいいだろう

  でも何も見えない闇の中だったら?

  進んでいるのか
  戻っているのか
  上がっているのか
  下がっているのか
  ここは何処だか
  分からないときには
  どうしたらいい?

  不安は人の心を迷わす
  正しい思考を奪い去る
  心を覆う闇は
  ゆっくりと僕を侵食する
  
  もう戻れない
  もう立てない
  もう


  暗い闇の中で
  手にした光る石の破片に
  涙が一粒






  僕は誰
  
【関連する記事】
posted by 誰 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8900206

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。