2005年10月19日

闇と黒


   手紙とDMがあった

   今日は薄い青の便箋
   夏の蒼い海を思わせる

   さっそく手紙の裏に返事を書きはじめた


   ウーサンさんへ






   手紙に返事を書くことが
   唯一の楽しみなのだが
   それ以外の時はじっと物思いに耽る

   暗い闇の中で目を瞑って


   闇とはなんであろう
   闇と黒はちがう
   闇と黒は対極に位置するもの

   闇は光が 無い 状態
   黒はすべての色が 集まった 状態

   集まりすぎて黒くなり

   光を失って闇となる

   対極にあるものだがとても似ている

   方法の違い?

   あるものの上からいろんな物を
   塗り被せて見えなくする黒

   周りから光を消して他のものと
   同化させ見えなくする闇


   
   僕の心は余計な色で溢れ
   黒く塗りつぶされてしまったのだろうか

   僕の心は光を失い
   大切な物といらない物が同化してしまったのだろうか





   僕は誰

【関連する記事】
posted by 誰 at 02:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
集まりすぎて黒くなる。
正にその通りですね。
単色ではキャンパスに絵は描けませんが、度が過ぎると絵ではなくなりただの黒くなってしまします。
要は、バランス?あれれ〜なにが言いたいのかわからなくなってきたぞ(><;)
Posted by ウーサン at 2005年10月22日 02:34
ウーサンさんへ

日々のいろいろな色が
まざりあって今の僕がいる
多分素敵な作品なのだろう

でも 君と見た海の青は
遠い記憶の中にしか見出せない



なにか伝わればそれでいいと思う
大事なのは 伝わることだから
Posted by 誰 (闇の中で) at 2005年10月22日 03:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。