2005年10月18日

手紙が



   気づいたら手紙を持っていた

   今度は淡いグリーンの便箋である




  手紙が手の中にあった

  淡いグリーンの便箋

  僕はあわてて手紙を読んだ
  どうやらこの前とは違う人のようだ

  前の手紙がどこか消えてしまった時には
  外への道が消えてしまったような気がした

  今回は手紙の裏に返事を書くことにした
  
  なんて返事を書けばいいかな?
  少し思案して
  鉛筆をすべらせた


  こんにちは成葉さん

  僕は誰です
  誰は私です
  僕は私です

  内面と外面の境がうすいこの闇の中では
  もしかしたら誰が誰かなんて必要ないのかも
  だから僕は成葉さんなのかもしれないですね


  この返事は届くのだろうか

 
 


  僕は誰

【関連する記事】
posted by 誰 at 01:36| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、久々に遊びこれましたが、味わい深いですね。
手紙の裏に返信を書くと言うところがすごい好きです。送り主と一体になれるのでしょうか?大事な人なら素敵ですね(^^)
Posted by ウーサン at 2005年10月18日 20:46
ウーサンさんへ

一枚の紙の裏と表
それは僕と君の関係
背中合わせの僕達は
こうして想いを伝え合うんだ

Posted by 誰 (闇の中で) at 2005年10月19日 01:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

玲奈
Excerpt: ブログ読ませてもらいました^^足跡残しときます^^
Weblog: ☆玲奈ちんのお馬鹿日記w☆
Tracked: 2005-10-18 03:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。