2006年01月03日

記念日


  昨日 と 今日 と 明日

  違いはどこにあるの?



  誕生した日と誕生日は違う
  記念日を何故祝うのだろうか

  そのことがあった日と記念日は全く違う日
  何かがあった日を記念日にするのは分かる
  でも何故、人が作ったあやふやな一年という中で
  同じ日がくると同じ記念日がくるのだろうか

  たえず何かが起こる毎日
  すべての日が特別な日

  特別ななにかが起こる日に
  過去の出来事を祝うのは何故?

  忘れさせない為?
  祝う理由はなんでもいいの?


  今日は何の記念日だろうか






  僕は誰
【関連する記事】
posted by 誰 at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん。。。
クリスマスは特に言えるかもしれませんが、生きていない人の誕生日を祝うんですよね。
人の気持ちを幸せにする不思議な力があるのかもしれませんね。

そういえば、韓国では恋人達の記念日や行事がありすぎて出費がかさみ破局するカップルが多いそうです。。。
う〜〜〜〜ん。
Posted by ひよこ at 2006年01月05日 22:26
記念日ですか〜(><)
確かにどうして祝うんでしょうかね。
例えば好きな人が生まれた日には、神様に感謝を込めてお祝いをする。
結局、相手を思う気持ちがあれば、祝う時もあるし祝わなくてもいい日があるのかもしれないですね。あれっ意味不明(^^;)
Posted by ウーサン at 2006年01月06日 21:58
ひよこさんへ

祝日でもあまり何々の日ということを気にせず
休みということだけな気がしますね
楽しめればそれでいいのかも。
んー 行事で破局するカップルかー
日本でもいえますが お金をかけるということは
相手をどのくらい思っているかの一つの標になりますが、あくまでそれにすぎないかと思います。
無理してかけるものではないかと
Posted by 誰 (闇の中で) at 2006年01月07日 12:48
うーさんさんへ

そうですね まぁ実際、男の人なんかは記念日
を忘れて女の人に絶望をあたえるわけですが・・
その時の感情を忘れてしまうからこそ
記念日が必要なのでしょうか
Posted by 誰 (闇の中で) at 2006年01月07日 12:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。